内視鏡検査してきました (前編)

1ヶ月間もブログ放置してごめんなさい!!
工作員Aからも「ええかげんブログ更新せいや」と突っ込まれて、海よりも深く反省しつつ、主任ことサブの近況報告をひとつ。


前々から「うん吉」「げり男」の異名を持っていたサブですが、行きつけの動物病院の先生から
「腸炎の疑いがあるので、大学病院で内視鏡検査をしたほうがいいですよ」
と勧められていましたが、この度ようやく検査に行ってきました。

なぜ、前々から言われていたのに今まで検査に行かなかったのか。
いや、行けなかったのです。
なぜなら!!

「あの、先生。ちなみに内視鏡検査の費用はどれぐらい考えておけばいいでしょうか……」

「そうですね。8万円ぐらいですね。あ、他の検査とか受けるとその分また上乗せになりますが」

なんですとーーー



サブ……痛い、痛いよ。最低8万円って。
いやもう懐が痛いどころか、叩いても出ませんよそんな大金。


ということで、隊長の裁量範囲を超える予算になったために、急遽、更に上官である将校殿にSOSを発信して、なんとか予算を捻出。

そして、電車でサブを移動させるためのケージも購入!!
(我が隊には車両がないので…)



じゃじゃーん。
サブの後に写っている、白とオレンジの派手ででかいケージが今ミッションで導入された新装備「移動式キャスター付きエアトラベルケージ」!!

画像

ネットのレビューを読んだときに、「プラスティックの匂いがいやなのか、最初はなかなか中に入ろうとしませんでした」みたいなコメントがあったので心配していたのですが、サブにそんな繊細な神経はありませんでした!!
隊長がキャスターを組み立てている横から
「なんすか、これ。ねーねー、隊長、これなんすか??」
と寄ってくるまでは良い。
寄ってくるだけでは飽きたらず、
「はいはい、ちょっと失礼するでー。お、なかなか居心地ええやん」
と、どっかり中に入ってくつろいでしまいました。
おーい、サブ。
キャスターつけるのに邪魔なんだけど。ってか、出てけ!!!!


なにしろケージ自体がでかくて重いので(いくらキャスター付いていても動かすの大変!!)、改札入る直前までは隊長がサブをリードに繋いで自分で歩かせ、工作員Aがキャリーを担ぎ、改札の目の前でサブをキャリーに突っ込み、エレベーター使いまくりで電車移動、改札を出た瞬間にサブを引っ張り出して……という感じで移動しました。
大変でした。
ちなみに当のサブは、
「散歩? 散歩?? 新しいルート開拓や!!」
と、ご機嫌でした。
電車の中でもおとなしくしてて、乗り合わせたお客さんから「犬だー」「かわいー」などと言ってもらえました。


電車を乗り継ぐこと3回、ちょっとへろへろになりつつある隊長&工作員Aをものともせずに元気いっぱいのサブ。
目指す大学付属動物病院は、坂の上。
見えているんだけど、坂道を上がらなくてはいけない。
更に、敷地が広い。
正門前で守衛さんに動物病院の場所を聞いたら、ずずずいーーーーっと奥ですよ、と笑顔で教えてもらえました。
もちろん、隊長の笑顔は引きつっていました


やっとのことで、動物病院に到着。
受付で名前を告げると、問診票を渡されました。
A4の紙に、みっちりと質問事項が書かれてます。
人間の病院の問診票の3倍以上の濃度です。
「性格」の欄に、おとなしい、攻撃的、噛みつく、神経質、臆病 etc… と項目がたくさん並んでいたのですが、よい子のサブは「おとなしい」に丸を付けたら、もう他に該当するものなし。
「おいおい、賢いとかよい子とか我慢強いとか注射打たれても平気とか、そういう項目はないのかよ」
と、ここでも親馬鹿振りを発揮しながら、最後まで記入。
ちなみに「ペットの名称」欄に「柴犬」と書き込んで、次の項目が「ペットの種類」だったのを見て、
「はう!! ここはサブ…じゃなかった、乙葉って書く欄だったのか!!」
と慌てて二重線で消したのはひ・み・つ





なんか、検査に行くまでにだらだら書きすぎてしまったので、今日はここまで。
続きはまた今度!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あみか
2009年12月18日 20:48
8万ですか…。医療費がかかるペットのトップにあると思われるフェレットでもその値段の検査は受けたことないです。比較的値段のかかる検査も、原因がわかるだけで、治療方針が変わるわけじゃないので、する必要ないって言われたことはあります。外科手術で10数万ってのはありますが。せっかくお金をかけたのだから、原因と治療方法がわかるといいですねー。
いち
2009年12月19日 22:35
あみかさん、ご無沙汰してます!!
かかりつけの先生に「腸炎の場合、ステロイド剤を使った治療になり、副作用その他の関係から、きちんと診断したうえで処方をしたほうがいい」と言われたので検査に踏み切りました。で、結果は見事に十二指腸炎でしたorz
柴は腸炎にかかる個体が多いのに、なかなか薬が効かなくて長期的な治療になることが多いそうです。
なので、病状が悪化してから検査をするともう手遅れ…という場合もあり得るので早めに、と言われて真っ青になって検査しました。
今のところ、ステロイド剤が効いているのか、血液検査の数値が好転していているので、もうちょっと(財布的に)頑張りますよ!!

この記事へのトラックバック